木の花ファミリー通信秋分号は「21世紀の死生観第三部〜美しいとは」

年4回発行の木の花ファミリー通信の秋分号が発行されました!

春分から地球がちょうど太陽を半周し、1年で再び光(昼)と闇(夜)が等分となる秋分の今日、「木の花ファミリー通信秋分号」が発行されました!
春分号から始まった「21世紀の死生観」シリーズ、第一部「死ぬってどういうこと?」、第二部「ある世界とない世界」に続く第三部のテーマは、「美しいとは」。第一部・第二部では、人間が肉体を持って地上に生まれてくるのは魂を美しくするためであり、私たちは多重構造の宇宙の中を、輪廻転生をくり返しながら果てしない進化の旅を続けていることをお話ししましたが、ではそもそも「美しい」とはどういうことなのでしょう。第三部では、現代の人々が大きく捉え違いをしている「美しさ」についてひも解き、私たちがこの世界を生きる意味をさらに深めます。

*下記をクリックすると、全文を無料でダウンロードしてご覧いただけます。

木の花ファミリー通信は、春分、夏至、秋分、冬至の年4回発行しています。無料のメールマガジン版も配信しておりますので、ご希望の方は下記リンク先よりお申し込みください。メールマガジンでは、各種イベントのご案内などもお届けしています。
また、印刷したものをご自身のお店などに置いて配布してくださる方も大募集しています。郵送にて必要な部数をお送りいたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。
→ 「木の花ファミリー通信・メールマガジン版」配信のお申込みは、こちらをクリック
→ 配布用の木の花ファミリー通信をご希望の方は下記へご連絡ください。
電話:0544-66-0250 担当:池谷(いけや)
メール:event★konohana-family.org (★を@に変えてください)

*木の花ファミリー通信のバックナンバーはこちら!
 → バックナンバーのページへ

ともこ木の花ファミリー通信秋分号は「21世紀の死生観第三部〜美しいとは」
read more

木の花ファミリー通信夏至号は「21世紀の死生観第二部〜ある世界とない世界」

年4回発行の木の花ファミリー通信の夏至号が発行されました!

前号の春分号より、私たち生命に必ず訪れる「死」についてひも解く『21世紀の死生観』をシリーズでお届けしています。第一部「死ぬってどういうこと?」に続く第二部のテーマは、「ある世界」と「ない世界」。「ある」ことが前提となっているこの世界の奥に、「ない」世界がある!?
多重構造の宇宙の中を、私たちの魂がどのように輪廻転生をくり返しながら進化していくのかをたどります。死を恐れるのではなく、死が何であるかを理解することで、生きることはもっと楽しく、もっと豊かになる!私たちの人生を豊かにし、世界を美しくしていく。それが『21世紀の死生観』です。

*下記をクリックすると、全文を無料でダウンロードしてご覧いただけます。

木の花ファミリー通信は、春分、夏至、秋分、冬至の年4回発行しています。無料のメールマガジン版も配信しておりますので、ご希望の方は下記リンク先よりお申し込みください。メールマガジンでは、各種イベントのご案内などもお届けしています。
また、印刷したものをご自身のお店などに置いて配布してくださる方も大募集しています。郵送にて必要な部数をお送りいたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。
→ 「木の花ファミリー通信・メールマガジン版」配信のお申込みは、こちらをクリック
→ 配布用の木の花ファミリー通信をご希望の方は下記へご連絡ください。
電話:0544-66-0250 担当:池谷(いけや)
メール:event★konohana-family.org (★を@に変えてください)

*木の花ファミリー通信のバックナンバーはこちら!
 → バックナンバーのページへ

ともこ木の花ファミリー通信夏至号は「21世紀の死生観第二部〜ある世界とない世界」
read more