世界観を広げる

木の花ファミリーでは、行き詰まった現代社会の固定概念を超えて、世界観を大きく広げる学びの場を提供しています。

1ヶ月間の真学校

私は何のために
生まれてきたのだろう

「1ヶ月間の真学校」は、1ヶ月間木の花ファミリーに滞在し、私たちの生きる宇宙の仕組みをひも解き、その中で生きる私たち自身をひも解きながら、この世界に生きる真の意味を探求するプログラムです。毎年多くの受講生にとって、人生の大きな転機となっています。

*「想像を超える内容だった」という受講生の感想はこちら!→ 2018年受講生アンケート

1:多彩な講座

「農」「食」「医療」「経済」「環境」「性」「死生観」など、多彩な切り口の講座を通して現代社会を読み解き、私たちは今どのような時代を生きていて、これからどこへ向かうのかを、宇宙的視点からひも解きます。

3:生活の中での実践

コミュニティという場で多くの人と寝食を共にすることで、学んだことを机上の理論で終わらせるのではなく、実際の生活の現場でどのように活かしていくのかを体験します。日々の中で結果がダイレクトに返ってくるので、そこからさらに学びを深め、次の実践へとつなげていくことができます。

  • 開催日程 毎年2月〜3月の1ヶ月間2019年は2月24日(日)〜3月23日(土)開催
  • 主催 NPO法人ぐりーんぐらす
  • プログラムの詳細やお申し込みについては「1ヶ月間の真学校」専用ブログをご覧ください。

オリジナル・プログラム

グループで来訪される場合、ご訪問の目的に沿ったオリジナルのプログラムを組むことができます。

独自のプログラムを組んで年に数回訪れる、台湾の「心学堂」ツアー

プログラムの内容

プログラムの内容は、「プレゼンテーション」「見学」「座談会」「作業体験」などから目的に応じて組み合わせることができます。プレゼンテーションのテーマは、「世界観」「農」「養蜂」「微生物」「食」「医療」「経済」「防災」「性」「死生観」など多岐にわたり、基本的に「1ヶ月間の真学校」で提供される内容をベースとしています。

性と宇宙の仕組みにフォーカスしたツアー

子育てをテーマにした母親たちのグループ

大学のフィールドワークの受け入れ

目的に応じ長期で滞在するケースもあります

最低でも2泊3日以上の滞在をおすすめします

いずれのテーマも、既存の価値観の枠を外し、これまで出会ったこともないような広い世界観が提供されるため、短期間でプログラムを組むことは困難です。充実した時間をお過ごしいただくために、最低でも2泊3日以上の滞在をおすすめしています。

まずはご相談ください

プログラムの具体的な内容や費用については、担当者がご相談に応じます。ますは下記へお気軽にご連絡ください。

電話:0544-66-0250(担当:永山)
メール:booking★konohana-family.org (★を@に変えてください。)

demo21ヶ月間の真学校